【コロナ】毎日動画配信したメリット3つ

ピンチは変身する。
致命傷にもなるし
チャンスにもなる。

先日そんな経験をした。

毎朝8時からYouTubeで
やっていた元気こども学校
朝のホームルームだ。

私の住む世界を変えた
朝のホームルームについて
やってみてよかったことを
今回は書いていきたいと思う。

元気こども学校

新型コロナウイルスの影響で
急遽学校が休みになってしまった
子供たちが規則正しい生活を送れるように
開校した期間限定のYouTube動画学校
元気こども学校」のホームルーム。

あれは、そう、2月末。
静岡県の学習塾エージーゼミの塾長先生
疋田あゆみさんから、
おかっぱミユキの運命を変える
メッセージが届いた。

こんにちは、相談です。
コロナでなんだか暗いムードや
無計画な感じが学校に出ていて
悲しいです。
それで、学校休校に対応して
朝のホームルーム配信というのを
考えています。
目的は
①だらだらした朝を引き締める
②今日する勉強を明示する。
③孤立してる感じとか、
 嫌な感じを和らげる。
④ちょっと朗らかになる。
で、録画配信で15分、
おかっぱみゆきクラス担任の体で
お願いしたいです。

ハイ、よろこんでー!

コロナのせいでステージのお仕事が
なくなりまくっていたおかっぱは
「お役にたてるのでしたら!」と
二つ返事でOKしたのだった。

この判断が思いもよらない
素晴らしい効果を生んだ。

①スキルアップ

毎日15分の動画を投稿する
ということはやったことがなかった。

「まぁ、できるっしょ」と思って
気楽に考えていたんだけれど
家事と育児とデザインの仕事を
同時にこなしながらの撮影&編集は
なかなかどうしてハードだった。

YouTuberは大変だ。
ちっとも楽じゃない。

時短スキル

15分の動画を作るにあたって
撮影までにめっちゃ時間がかかった。

自分の好き勝手に内容を決めて
撮影するのではなく
全国のおもしろ先生方の
授業動画のアップロードの
締め切りを作り、管理し、修正し、
まとめたものを元にメモ程度の
原稿と構成を作っていく……。

これだけで数時間かかった。
更に撮影と編集の時間がかかる。
完全に読みを間違った。

時には翌朝4時まで編集した。

お客さんや家族に迷惑をかける
わけにもいかない。

そこで、撮影や構成を
テンプレート化して
徹底的に時短することにした。

大枠を作ることによって
中身を変更するだけで
毎日動画をアップできるように
工夫したのだ。

これが功を奏して
構成から編集、動画の投稿まで
2時間でできるようになった。

続けていけばもっと
時短できそうだ。

編集スキル

元気こども学校
朝のホームルーム
クロマキーで背景を合成した
動画にすることにした。

以前から持っていた撮影用の
緑色の背景を利用して
黒板の前でホームルームを
しているように見せる
努力をしてみた。

 

↑背景に使ったのはこれ

↑この動画で説明しています

【超簡単】ビデオ通話で生活感を出さない技

↑ビデオ通話でも使える

これによってできることが
ぐんと増えただけでなく
編集の面白さが徐々に
わかってきたのだ。

継続スキル

やるからには、しんどくても
きちんとやりきりたい。

家事も育児も仕事も
もちろんプライベートも
滞ることなくやりたい。

そのためにできることを
考えて実行した。

上手くいかなかったことも
当然出てきたけれど
手を変え品を変えやってみた。

頭も体も時間も
たくさん使ったけれど
その報酬として「成功体験」を
手に入れることができた。

ステージの仕事がなくなって
路頭に迷いそうになっていたのが
嘘みたいだ。

ピンチの時にやることは
不平不満を垂れ流すことではなく
考えて行動することだった。

②マインドフルネス

テレビのワイドショーが
コロナネタで国民の不安を
あおる中、私は別世界にいた。

「マスクが買えない」
「トイレットペーパー品切れ」
なんてニュースも目にしたけれど
ちょうど買ったばかりだったので
心配いらなかったのもラッキーだった。

自宅からほとんど出ず、
家事、育児、仕事、撮影、編集!!

時間との戦いだったけれど
全部楽しいタスクだったため
程よく集中できた。

動画を毎日撮影して編集して
YouTubeに投稿し始める前は
ニュースやSNSを見ては
不安になっていたけれど
「やるべきこと」に集中してからは
心も安定してご機嫌に過ごせた。

ある種のマインドフルネスだ。

③新たな可能性の発見

外に出かけてパフォーマンスを
するだけを仕事にしていると
こういう時に路頭に迷うということを
身をもって実感できたのは
非常にラッキーなことだった。

外に出かけなくても
人の役に立てることがあることに
気づけたからだ。

きっかけ

これまでもイラストを描いたり
印刷物やWEBのデザインをしたり
自宅でできる仕事もしてきた。

コロナ騒動でイベントが
相次いで中止になるとともに
チラシなどの受注が減ってゆき
デザイン一本でいくのも
雲行きが怪しかった。

そんなある日、
私が毎日動画を編集して
投稿しているのを知った方が
「どうやってやるの?」と
質問してくれたのだ。

説明動画制作

古いスマホだけで撮影と編集、
サムネイル制作やアップロードまで
やっていると答えたところ
「ぜひ教えてほしい」とご依頼を
いただき、誰でも見れる動画を制作。

どんなアプリを使って編集いているか
サムネイル制作のポイント
などを説明しているのでぜひ。

オンラインレクチャー

「もっと詳しく知りたい」という方には
WEB会議ツール「zoom」を使って
自宅に居ながらオンラインで
レクチャーをさせてもらった。

これが話題となり、現在も
オンラインでレクチャーを続けている。

新たな仕事になったのだ。

レクチャーを受けてくれた方が
感動して喜んでくださるし、
どんどんスキルアップをしていく
姿を見ることがとても嬉しい。

役に立つって幸せだ。

オンラインレクチャーの様子

まとめ

ピンチはチャンスだった。

まだこの先どんなピンチが
待ち構えているかはわからない。

けれど、この成功体験は
私にとって大きな財産になった。

「仕事が減った分の私の時間を
 子供たちのために使えるなら」
という気持ちでやることにした
毎朝の動画のホームルーム

やってよかったことを
3点にまとめたが、
実はもうちょっとある。

子供たちとの出会いと
全国の先生方とのつながりだ。

動画を見てくれている子供たちは
ホームルームの回を重ねるごとに
自分の子供のように可愛くなった。

全国の先生方は授業動画を通して
学校では教えてくれないことを
たくさん伝えてくれていた。

毎日連絡を取り合い連携することで
「自宅にいるけど一人じゃない」
という感覚になれた。

元気こども学校」は
コロナ休校の期間のみの
動画学校だったけれど
これをきっかけに子供たちが
自分の好きなことを見つけて
幸せな人生を歩んでいくきっかけに
なってくれたら最高だ。

静岡県の学習塾エージーゼミの塾長先生
疋田あゆみさん
チャンスをありがとうございました!

私は個人アカウントの方で
これからも毎日動画を
発信し続けるつもりだ。

ピンチは変身する。
致命傷にもなるし
チャンスにもなる。

できるだけ視野を広く
そして柔軟な発想で
ピンチに対応していく能力が
現在を生きていくうえでは
必要なのかもしれない。

YouTubeおかっぱミユキチャンネル

YouTube元気こども学校チャンネル

スマホで動画編集の
オンラインレクチャーを
ご希望の方は以下のフォームから
お問い合わせください。