シェイド物語③〜脱退編〜

みなさんは
オーディションに
応募したことはありますか?

シェイド物語②〜バンド結成編〜

バンド結成から半年ほど。
東芝EMIというレコード会社から
連絡が来た22歳の我々。

一体どうなってしまうのでしょうか?

 

■選考から外れる

レコード会社にビデオテープを送った我々。
「またご縁がありましたら」と
あっさり選考から外れてしまいました。

落胆するメンバーをよそに
「なんだ、手応えあるじゃん♪」
喜ぶおかっぱミユキ。

ここから、メンバーに無断で
オーディションにCDを送るように
なったのですが
まさか、あんなことになろうとは…。
(これはまた別の記事で)

名古屋でライブしたときの我々

 

■「ハイカラ」脱退

「俺、男ボーカルのバンドやりたい。」

結成から一年が経った頃、
シェイドくんがメンバーに打ち明けました。

シェイドくんは、当時
SIAM SHADEやZIGZOなどの
男性ボーカルバンドにハマっていたのです。

おかっぱミユキは今もその頃も
「女性」という性別を気に入っていたし
さすがに性転換はできないので
シェイドくんとは別々の道を
歩むことになりました。

同時に他のメンバーも脱退していき、
ちょっと変わったギタリストと二人で
再びメンバーを探すことになったのでした。

 

■出会い系サイト

「バンドマンの出会い系サイト」こと
インターネットのメンバー募集サイトに
「ドラム・ベース募集」を出していた
ちょっと変わったギタリストくん。

天然パーマのドラマーくんを
発見してきてくれました。

こうして、新生「ハイカラ」は
3人で再スタートすることになりました。

 

■ハイアンドマイティーカラーの乱

そうこうしている間にSME recordsから
「HIGH and MIGHTY COLOR」という
バンドがデビューして
ミュージックステーションをはじめ
様々な音楽番組に出演し始めました。

ハイアンドマイティーカラー…
略して「ハイカラ」…
バンド名とモロかぶってるやーん!!!

しかも、あっちは
めっちゃテレビでてるやーん!!!

みんなに「ハイカラ」って呼ばれて
もうすでに親しまれてるやーん!!!

…ということで、23歳の我々は
バンド名の変更を余儀なくされたのでした。

 

■その頃のシェイドくん

我々のバンド名変更問題をよそに
シェイドくんは
男性ボーカルのバンドを結成して
精力的にライブ活動をしていました。

東京都町田市にある
「町田駅」あたりを拠点に
サポートミュージシャンとしても
活躍していたのでした。

 

さてさて、オーディションに落ちたり
メンバーがバラバラになったり
なかなかトラブルが多かった我々。

再び一緒に活動するようになるとは
思えない展開になってきましたね。

どうなるかは次の記事で!

つづく。

Follow me!