指摘の話。

誰かのウィークポイントを
指摘するのはとても難しい。
そして、めちゃくちゃ疲れる上に、
かなり面倒くさい。

指摘された側は
不快に思うかもしれないし、
余計なお世話かもしれない。
つまり、
ウザがられる可能性が大きい。

できることなら、指摘などせずに、
穏やかな日々を送る方がいい。
そもそも指摘する義理がない人は、
放置に限る。
どうしても放って置けない場合や、
教えてくれと頼まれた場合は、
お伝えしなくては仕方がない。

では、どうしたらウザがられずに
伝えることができるのか。
これは永遠の課題かもしれない。

私が気をつけているのは3つだ。

①絶対にみんなの前で指摘しない
②まず素晴らしいところを
 しっかり褒める
③自分の失敗談を例に出しながら
 共感してもらう

完璧にできているわけでは
ないけれど、めちゃくちゃ
気をつけている……つもりだ。
(できてなかったら教えてね!
 もっと気をつける!)

誰でも、大切な心を持っていて、
できることなら傷つきたくなどない。
あえて傷つける荒業もあるけれど、
傷つけずに伝えたい内容を
届けられる方がいいよね。

相手もすっと
腑に落ちてくれるだろうし。

毎日が修行ですな。