【入院と経過のご報告】いつも応援してくださっている皆様へ②

〈続き〉

フラフラになりながらなんとか帰宅したわたくしシェイド

昨夜連絡していたおかっぱミユキさんに再度連絡して、水とウイダー○ゼリーを買ってきてもらい

今の状況を伝えて、午後改めて自宅に来てもらえないかとお願いしました

なぜかといいますと

昨夜まともに寝ていなかったのと、鎮痛剤の副作用で軽い吐き気が残っていたり意識が朦朧としているのでとりあえず少し寝て

起きたときに痛みが強く残っていたら、救急車で運ばれた病院の整形外科に行こうと決めていたのです

その付き添いをお願いしたいと伝えるとおかっぱミユキさんは「もちろん!」とすぐ快諾

本当にありがとう

 

そしてわたくしシェイド

しばし仮眠・・・

 

 

少し寝てふと目が覚めました

 

時計を見ると午後の診察の受付が始まる30分くらい前

 

よし

 

立ち上がってみよう

 

と思い動こうとすると・・・

 

ビキっと激痛

 

 

もう無理

 

 

と思いました

 

 

何とか棚につかまって

できるだけ腰を曲げず、負担もかからないようにして

ゆっくりゆっくりと腕の力を使ってうつ伏せから正座、片膝だけ立てて少し腰を浮かし、なんとか立ち上がり

自宅に来てくれたおかっぱミユキさんに付き添ってもらい改めて病院へ

 

徒歩5分の道のりを30分くらいかけて歩いて病院に到着すると、受付の手続きなどすべておかっぱミユキさんが先にどんどんしてくれました

本当にありがとう

 

痛みに耐えながらなんとか車椅子に乗り、診察室まで移動

整形外科にて診察をうけて、そのまま入院することになりました

 

その後の経過ですが

 

椎間板ヘルニアもあるので改めてMRI検査をしたところ、神経への圧迫は無く、足の痺れもないので痛みの直接的な原因ではないとのこと

レントゲンを見ても特に異常は見当たらず、痛みの直接的な原因の特定は難しそうなのですが、ヘルニアも含めたいろいろな要因からくる突発的な腰痛「ぎっくり腰」との診断で、現在も安静にしています

入院直後や翌日はまったく動けなかったのですが、少しずつ痛みも弱くなってきてまして、12/19(木)から簡単なリハビリもスタートしました

入院期間は1週間ほどの予定ですが

少しでも早く退院できたらいいなという気持ちと

焦って中途半端な治り具合で動いて、また同じことの繰り返しになってしまったら本当に大変だという気持ちとが混在していてなんだか複雑な心境ですが

とりあえず安静にして、しっかり治したいと思います

 

心配してくれた方々

本当にありがとうございます

退院して、また生配信等でお会いできる日を楽しみにして頂けると幸いです

 

取り急ぎご報告まで!

シェイド