心の穴を埋めるたった一つの方法

最近さ、なぜか老若男女問わず、
いろいろとプライベートの悩みを
話してくれる機会が多いのよね。

その方たちに共通しているのが
「愛されたい」
「自分を見てほしい」
っていう思い。

昔できた心の穴を、
「誰かに」埋めてもらおうと、
必死でもがいてる。

めっちゃわかる、その気持ち。
まるで2年前の自分を見ているよう。

超個人的な結論から言うと、結局、
自分の心の穴を埋められるのは、
自分だけだと思うの。

家族や恋人や友達や先生は、
なんとかするきっかけを
くれるときもあるけれど、
心の穴はどうやったって
本人にしか埋められない。

やることはシンプル。
①嫌なことをやめて、そこから離れる
②好きなことにとことん夢中になる
③質のいい美味しいものを適度に摂る
④気が済むまで思いっきり寝る
⑤小さなことから成功体験を重ねる

簡単に言うと「自分をもてなす」の。

「お前はダメだ」
「出来損ない」
「人間のクズ」
そうやって暗示をかけられて
生きてきた人は、
すっかりそれを信じているけれど、
ハッキリ言うと、それ全部間違い。

できること、実は、いっぱいある。

逆に、極端な話が、
自分が「天才」だと信じたら、
紛れもない天才なのよ、自分の中では。
それは誰にも変えられない。

自分にとって、本当の味方になるのも、
本当の敵になるのも、
自分だったりするのよね。

だからさ、
「愛されたい」
「自分を見てほしい」
と思ったら、
人に求める前に、まずは自分から、
自分にそうしてあげてね。