【カップラーメン王に俺はなる!】第15麺。

北海道のカップ焼きそばといえば何だとおもう??

そう問いかけられたとしたら、わたくしシェイドはこう答えます!

 

やきそば弁当

 

このやきそば弁当

北海道のカップ焼きそばとして定着しているとのことで、わたくしシェイド、気になっていたのです

そんなやきそば弁当と出会ったのは2019年の4月、ライブに出演する為に名古屋へと高速バスで向かっていたときでした

サービスエリアにてお土産を物色していたときにふと視線に入るカップ焼きそば

 

あ!あれはー!!!

 

てことで早速購入!

しばらく勿体なくて食べていなかったのですが

賞味期限というタイムリミットが迫ってきたので今回食べてみました!

 

さっそくレポートをお届けします!

 

安定のパッケージの様子

 

スープも付いていてお得です

 

カロリーはカップ焼きそばの中では低めと思える581キロカロリー

 

作り方をチェック

 

ふむふむ

 

麺を戻したお湯を使ってスープを作るとのこと

 

わたくしシェイド

戻し湯を使うとは全く知りませんでした^^;

これは新しいですね!(シェイド的に)

 

開けます

 

 

出てきたのは液体スープ、ふりかけと中華スープ、かやく

 

このかやく

お肉がしっかりしていてなんとも期待感が高まります

 

かやく投入

 

お湯を注ぎます

 

するとフワっとキャベツのほのかな甘い香りが・・・

これは美味しそう・・・!

その間に中華スープもスタンバイ

 

器にスープのもとを投入するとこちらもフワっといい香り

 

液体ソースを温めながら待つこと3分

 

ついにこの時がやってまいりました

湯切り口を開けて

 

戻し湯を使って中華スープを作ります!

出来上がった様子

 

ふむ

食器の色が濃すぎてスープの色がわからず
戻し湯を使った実感が全くわきません

 

やきそばのお湯もしっかり切ってこんな感じ

 

ソースをかけます

 

おや

このソース

なんともサラサラしていて食べやすそうです

混ぜて

 

ふりかけをかけます

 

するとふりかけの青のりの香りもフワフワ漂ってもうたまりません

 

完成!

 

 

キャベツ

 

お肉

 

さて

 

それでは早速頂きます!!!

 

まずはスープから

 

おお

 

こ・・・

 

これは・・・

 

味めっちゃ濃い

 

スープのお湯の量は150ミリリットルとありましたが、勘で戻し湯を注いたのが良くなかったようです

 

ケトルに残っていたお湯を足して再トライ

 

ふむ


さっぱりしたラーメンのスープのような味で美味しいです^^

 

やきそばも食べてみます

 

ふむふむ

細めの縮れ麺が食べやすくて、昔ながらのカップやきそばのイメージで美味しい!!!

さらさらしていたソースの味は甘めで、中華スープとの相性が抜群です!
かやくのキャベツはザクザクと、加工肉は柔らかく程よい肉感で、細めの麺にしっかりマッチしています^^

最近よく見かける(とシェイドは思っている)濃いめのソースにマヨネーズ!といったお手頃価格のカップやきそばとは違って、飽きのこないシンプルな美味しさでこれぞ定番といったところでしょうか

中華スープをぐっと飲み干すとスープの胡椒が強めに効いてまた良いアクセントになりますね
そして最後はスープに負けない甘いソースの焼きそばを口いっぱいに頬張って完食!


スープと焼きそばでしっかり満腹になるおいしい1杯でした!

ごちそうさまでした^^

 

さてさて!

それでは最後に僭越ながらシェイドポイントにて総評を!

中華スープのお得感・・・3,000シェイドポイント

北海道に定着している甘いソースの安定感・・・5,000シェイドポイント

北海道に行ってみたい気持ちの高まり具合・・・10,000シェイドポイント

 

いやはやとっても美味しいシンプル・イズ・ベストなカップ焼きそばでした!

 

さて

 

今回でカップ焼きそばシリーズはしばらくお休み(多分)

次回からはまたカップラーメン食べていきます!!!

楽しみにしていてください^^

 

ではではシェイドでした!