言葉の話

ふとした時に、
どんな言葉を選ぶか。
それは、わかりやすく人柄を表す。

日本語は
とても沢山の単語があって、
とても細やかな表現を
使い分けることができる。

その中から、何を選んで、
何を伝えるかは、自分次第。

人をぐちゃぐちゃに
傷つけることもできるし、
あたたかく護ることも、
はっと気づかせることも、
感動させることも、
笑顔にすることもできる。

それは、自分自身に対しても同じ。
どんな言葉を発して、
どんな気持ちになりたいか。
それは、自分で決められる。

ふとした時に、
どんな言葉を選ぶか。
それは、わかりやすく人柄を表す。

さぁ、どんな言葉を話そうか。