シェイド物語⑭~再スタート編~

半年の空白期間の間
「エレジー」のメンバーは
それぞれの道を
歩くことになりました。

音楽活動を続けていく
決意をしたシェイド君と
おかっぱミユキは
どうなっていくのでしょうか。

シェイド物語⑬〜空白の半年編〜

シェイド物語をはじめから
読みたい方はこちらからどうぞ

元事務所社長の圧力

これまで我々が作ってきた曲は
すべて演奏できないことに
なっていました。

そして専属契約を結んでいた間に
出会った音楽関係者との連絡は
「やったら解ってるんだろうな」
という具合でした。

それまで来ていた音楽イベントの
出演オファーはなくなり
活動したくてもできない日々が
続きました。

再スタート

本当にゼロからの再スタートでしたが
事務所から離れられたことが
苦労に勝って
逆に清々しい気持ちでした。

デビュー前からお世話になっていた
音楽関係者が声をかけてくれたり
昔から出演していたライブハウスの
仲間たちとのつながりも
復活していきました。

こちらから連絡することは
出来なくなっていましたが
事務所にいた時代に出会った
音楽関係者の方から、
個別で連絡をくれることも
ありました。

Nice Love Records

当時仲良くしていた音楽仲間と
ゆるーい音楽サークル
「Nice Love Records」を
立ち上げることになりました。

今自分たちにできることを
ひとつひとつやっていく
そんなスタイルで活動する
基盤となるサークルに
なっていきました。

現在はシェイド君と
おかっぱミユキの二人で
運営していますが
当時のメンバーがいたからこそ
活動していくパワーが保たれて
ここまでやってこれたんだと
思います。

 

できることから少しずつ
活動を始めたシェイド君とおかっぱ。

これからどうなって
いくのでしょうか。

(つづく)