みなさん自撮りした事ありますか?
自撮りが上手かったらいいなって
思ったことありますか?

そんな人集合!
自称「自撮りのプロ」おかっぱミユキが
誰でもかんたんに出来ちゃう
自撮りのコツを3つにまとめました!

レッツ★エンジョイ自撮り生活!笑

 

■スマホの持ち方

まず、スマートフォンの持ち方は
素敵な自撮りを撮るにおいて
非常に重要なポイントです。

持ち方はこう!

逆から見るとこう!

上から見るとこう!

人差し指と小指でスマホの側面を
挟み込むようにして持ち、
中指と薬指でスマホの背面を支えます。

すると不思議!
めちゃくちゃ安定します!

この方法できちんと持てていれば
逆さにしても落ちません。
(持ち方ヘタだとスマホ落ちます)

しっかりスマホが安定すれば
様々な角度からの撮影も可能になります。

 

■カメラの位置

スマホが安定したら、次は
インカメラ(画面側についているカメラ)の
ついている位置を確認します。

なぜかというと、
顔を写す時、下から撮ると不細工に見えて
やや上から撮ると、小顔に見えるからなのです。

特に、両目と口の点を結んだ三角形が
正三角形に近く、美しい三角形なほど
若々しく綺麗に写りやすいのです。

例えばこのスマホ。
中心より左にカメラがついてますよね。
ということは、
横長の写真を撮りたい場合
カメラが上になるこの向きで持つのが
正解です。

では別のスマホを見てみましょう。

このスマホは中心にカメラがついているので
どちらの手で持っても大丈夫
ということになります。

スマホの構え方は、顔の斜め上が基本!
ご自分の顔の角度を変えて
お気に入りの写り方を
探してみてくださいね!

 

■光源

最後に、とても重要なのが光源!
光がどこから差しているかを
きちんと把握する事が大切です。

シミやソバカス、ほうれい線などの
「大人の七難」をカバーできる
とっておきの角度があるんです。

それは顔に正面から光をあてる角度!

例えば、この写真。
光源を意識しないで撮影したので
ほうれい線や口元のたるみが
がっつり写っています。

でも光源を意識して角度を変えると
どうでしょう?
ほうれい線やたるみをしっかり
カバーできるだけではなく
毛穴レスな肌に撮影することができます。

 

 

いかがでしたか?
今回ご紹介した3つのポイントを
意識するだけで
劇的に可愛い自撮りが可能になります。

 

慣れてくると、こんな感じの
かっこいい自撮りも出来るようになります。

ちょっとだけ取り方を工夫して
SNSライフをさらに楽しく
してみてはいかがでしょうか?